CT検査

CTについて

当院では歯科用コーンビームCT撮影装置を完備しております。

インプラント埋入を安全にするだけではなく、親知らずの抜歯や難しい根の治療の診断など、様々な症例に有効です。

歯科の疾患を診断するにはレントゲン写真はとても有効な手段で、必要不可欠なものです。しかしレントゲン写真は影絵のようなもので、平面の情報しか得られません。歯と病気の部分が重なって映ってしまうと、残念ながら診断が困難になってしまったり、最悪の場合、病気を見逃してしまうこともあります。しかしCTは顎を立体的に捉えることができ、歯の根の向こう側の隠れた病気や、外科手術の際に重要な骨の立体構造などを見逃すことなく知ることができます。これによって、より確実で安全な治療が可能となります。

また、昔のCTはスライスされた連続画像で判別しなければならず、専門的な知識がなければ分からないものでした。しかし今ではコンピューター技術の向上により、パソコン上で立体的な映像としてお見せすることができるようになったため、患者さんにとってよりわかりやすい、リアルな画像での説明ができるようになりました。

インプラント手術においては、安全性の確保のためにCT撮影は必須とも言えます。インプラント手術で起こり得るトラブルには、骨の中にある血管や神経を傷つけてしまい、術中に大出血したり、術後に麻痺が残ったりするなど、深刻なものがあります。そこで血管や神経の位置をいかに把握して手術に臨むかが重要となるのですが、当然血管や神経は外からは見えず、また、レントゲンではかろうじて見えるものの、立体的な位置関係があいまいで、正確ではありません。その点CTならば、レントゲンだけではわかりにくい構造や、正確な距離まで調べることができ、安全な手術が可能となるのです。

写真:CT